株式会社 谷工務店

お問合わせ
078-974-7710
Recruit

採用情報
 

先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー 04
たにぴぽ 谷工務店4年目。
大阪産業大学 工学部卒。卒業後は他業種へ就職。 その後転職を経て、谷工務店へ入社。
おおらかで優しい、癒し系現場監督。

わたしの仕事 1つ1つの工事を、いろんな方々に協力していただきながら監督しています。
施工管理は、実際にコンクリートを打ち込んだり地面を削ったりの工事をするのではなく、職人さんが仕事しやすいようにスケジュールをたて、スムーズにいくようお手伝いする仕事。具体的には、工事の日程を決め業者さんを手配したり、工事にかかる費用のチェックなど書類関連の処理も行う。でもひとたび現場に出ると、どちらかといえば「自分がサポートしてもらっている」気持ちになる。自身が工事そのものをするわけではないので、自分が描いたとおりに工事が進むよう協力してもらって初めて成立します。特に私は新人なので、よりスムーズに進めるためにはどうするかなど教えてもらう機会も多いです。だから最初は肩肘張らず、街ができる様子を見て楽しんで学ぶつもりでいいと思いますよ。
嬉しかったエピソード 「人に頼る」ことも正解。
特に入社したころは何も分からないものです。社会人は「自分で勉強しなくてはいけない」というイメージがありましたが、谷工務店ではまず先輩が率先して目の前で作業を見せてくれました。そして自分でやってみて、また改善点を教えてくださいます。現場に出ると、次は他の会社の職人さんたちとお話ししますが、そこでも「こうしたら速くできるよ」とか教えていただけます。むしろ、積極的に質問したり、より良い方法を教えていただこうという姿勢の方が大事かもしれません。そこに気づくと、人に頼って1つずつ学ぶことで、より確実に成長していけると思います。そして覚えたことを次の現場で活かしたり、それを褒めてもらえたりするとより嬉しいです。先輩や周りの人とのコミュニケーションが楽しいので、結果仕事が面白くなります。
谷工務店を選んだ理由 子どものときからの憧れを、応援してくれたこと。
小さいころ、大工さんだった親戚のおじさんによく話を聞いていました。何もない土地に建物が建つこと、建物を自分が積み上げていく感覚が面白い、達成感がある、など。ずっとそれを覚えていて、興味のままに施工管理を目指しました。実際コンクリートを打ってデコボコだった地面が綺麗になったり、大きな壁が立ち上がって天井がついて野ざらしじゃなくなったり、どんどん色がついていたり、「街」が目の前にできていく様子を見ることは面白いです。谷工務店では、興味・憧れだけを持って入ってきた自分をしっかり教えてくれるベテランと、同じように未経験・知識なしで入社した同期の両方がいて、悩みもやりがいも共有して喜べる環境があります。
 

 

 

ご相談・お問い合わせはこちら

メールフォームからのお問い合わせは24時間365日受付中!
お気軽にお問い合わせください

078-974-7710

電話対応時間:平日8:00~17:00  

ページトップへ戻る